野球でのケガ

  • 野球に怪我は付き物ですが、時間をかければかけるほど悪化する可能性があるため、早期に知多市の接骨院での施術を考え休息していくのも、選手として重要なことです。善する場合もあります。

いろいろなスポーツがある中で、サッカーとともに人気があるのが野球です。

しかし、スポーツである以上、故障の危険性は常に隣り合わせで存在するものです。

もし怪我をしてしまったらできるだけ早い休養や施術が必要になるのですが、練習が休めず、

なかなか休養することができなかったりすると、怪我を悪化させてしまいます。

野球の怪我に、足首の捻挫があります。

走ることの多い競技なので、どうしても捻挫をすることが多くなります。

そして、やはり多いのがひじの異常です。

ピッチャーのみならず、外野やキャッチャーなどでも起きる可能性があるのですが、

なかなか接骨院などで治療に踏み切れない選手も多いのです。

こういった野球の怪我は、早めに整骨院などで施術を開始することが肝要なのです。

時間をかければかけるほど悪化する可能性があり、選手生命さえ脅かしてしまうこともあります。

知多市にある当院も接骨院として施術していくことができます。

手技での施術もただマッサージを施すのではなく、

筋肉などをもとの正しい位置に戻してあげるように施しています。

さらに、野球の怪我だけではなくサッカーなどの故障回復にも使われる

ハイボルテージなどもあります。

知多市の当院ではほかにもスポーツ障害に対しての施術方法を持っています。

練習を休み怪我を治すことも選手にとって大事なことと考え、接骨院での施術を早く考えてほしいものです。

お問い合わせ・ご予約

TOPへ戻る
./

COPYRIGHT© かたおか接骨院 ALL RIGHTS RESERVED. Design by PORTALS